102

12月。今年もあともう少し。最近親と話していてよく思うことがある。母は30年前の価値観の中で生きていて、これからもそこで生きていくのだということ。どんな時もわたしを支えてくれて、見守ってくれる母にも、彼女だけの世界がある。面白いもので、話題によっては、まるで30年前から時間が止まっているような感覚になる。誰もがそれぞれの世界の中で生きていて、どの世界も個性があり、見えている世界も違う。みんな違って当たり前で、だからこそ知りたいという思いが芽生える。日々の出会いを大切にして、そこから生まれる関係がどのように発展していくのかをひも解いていくことはこの上なく楽しい。来週も無理せずにゆっくりと歩こう。