6

昨日は久しぶりに人の多い街へ行った。寒さより騒音のほうが気になった夜だった。とは言え人と会って同じ空間に自分を置くことは必要不可欠だね。会いたいと思ったら、会う。言い訳をして先延ばしにする自分がいるから。その自分が前面に出るといつか会える、また近いうちに会えばいいかなとなって、今会いたいと思っているもうひとりの自分を無視してしまう。

 

無視すると後悔して、後々自分を責めるサイクルが始まる。もちろん今会いたいと思った人の予定が空いてるとは限らないけれど、連絡して空いているか聞くことはできるし、空いてなかったとしてもそこから再び予定を決めることができる。選択肢は1つではない。そして時には相手がどう思うかよりも自分がどう思うかを優先するのも悪くない。相手がどう思うかのほうに錘を置いてしまうと、本来伝えたいことが薄まってしまうし、嫌われたくない気持ちが大きいと、当たり障りのない会話に終始しがちになる。だからこそ伝えると決めたら、それと同時に伝えた後に返ってくる相手の気持ちを受け入れるのも大事だなと思った。

 

ふぅ。viva 人