読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1

やっとブログを作れた。今年が始まってから11日が経過。夜に飲むスムージーにはまっている。温めておいたカップにいれて常温で飲む。

今日はアイコンタクトについて。相手の目を見て話すことに慣れたのはここ数年で、それまでは目を合わせることが苦手で、合わせなければいけない時は、苦痛でしかなかった。そこから見つめるところまで来れて嬉しい。目から伝わる感情というのはそれはとても強いもので、鳥肌が立ってしまうことも少なくない。だからこそ無意識に避けてきたのだと思う。目は常に裸で喜怒哀楽を映し出す機械のようなもの。それが理由で時々裸で会話をしているような気持ちになることも。それは見つめるだけで伝わってくるものがあるから。アイコンタクトは言葉では表せないものを届けてくれるし、届けられる。目と目で会話することは、その人に直接触れることよりも、美しくて力強い行為なのかもしれない。