114

今の職場から離れるまでもう少し。これまで働いた職場の中で一番ハードで、一番体にきたけど、一番楽しい職場だった。これまで同様、上司と同僚にも恵まれて、今日まで来ることができた。何度も上司が変わったことで、その度に言葉にならない気持ちになったけども、一番最初の上司が面接官じゃなかったら、ここまで来れなかった。これもタイミングで、あの時にチームを率いていたのが彼だったからこそ、私を採用してくれて、信じてくれて、一緒に働くことができた。短い間だけでも、本格的に勉強しながら働けたことは今後の財産になると思う。そう思うと日々感じていたストレスも、悔しい気持ちも、泣け叫びたい気持ちも、自分が嫌いになりそうな気持ちも、ちっぽけなものだったのかな、なんて思う。気持ちは常に流動的で、自分の中から外に流れて、それが他の人を通して、自分に返ってくる。自分の中に溜め込めれないほどの気持ちを感じながら仕事に励んだのはこれが初めてで、だからこそ得るものも大きかった。そして一番感じた感情は、「悔しさ」だった。最後まで頑張るぞ。

113

久しぶりの更新。最後の更新から色々ありすぎて書く時間が取れなかった。いやぁ、出会いはどこで起こるかわからないね。一つの出会いが二つの出会いへと繋がり、三つ目の出会いを作る。普段の出会いを大切にすることで、ご褒美としてその次の出会いに導いてくれるのかな。体調を崩して、これからのことを考えていた時だったから、うーん・・ってなっていたけど、その時に比べたら今はだいぶ落ち着いた。出会いに感謝。国を超えて繋がれる時代だからこそ今がある。感謝。

112

書こう書こうと思いながら時間が過ぎてしまい、今日に至る。仕事まみれな日々から抜け出すべく、強制的に遠出をして来た。4日間だけだったけど、ゆっくりできて、頭のもやもやが消えた。旅行中に、自分で自分を閉じ込めてどうする?って声が頭の奥から聞こえてきて、ここ半年間の時間に追われた生活を振り返ってた。朝から晩まで仕事以外のことを考える余裕がなくて、気づいたら体調も悪くなっていって、でも仕事をしない選択はできなくて、無理やり働いてた。業務量が増えて、それぞれの業務に時間をかけれなくなった時点で、違和感が大きくなり過ぎて、まずいだろー!となっていたものの、すぐに動けず。動き出してすぐに旅行に行ったことで、かなり心が楽になった。会社のペースじゃなくて、少しでも自分のペースで働ける場所に行く選択をするのに、かなりの時間がかかった。変化が好きな人なんていないだろうけど、自分のために、環境を変える選択をするってすごく怖いことで。だけどその選択をしないまま過ごすのも嫌よね、と。会社に染まり過ぎたなぁ。染まり過ぎはいかんよ、ほどほどにせんと。