75

日々それまでの価値観と新しい価値観の間で揺れている。それと同時にわたし自身も変わっていっている。溶け込むのが苦手なわたしでも、溶け込めている。それは間違いなく周りのおかげだ。わたしはついつい隠しすぎてしまう癖があるから、毎日が勉強で、心も疲れ気味。

だけど自分が何度見上げても驚いてしまうくらい大きなことの中にいる実感がしっかりとあるせいか、毎日が充実している。もっと学んで、効率的に仕事ができるようになるぞ!っていう思いが湧いてくる。これでいいや、ではなくて、どうしたら時間を上手く使えるようになるかな?って常に考えたくなる環境に置いてもらえている。それはとて幸運なことだ。

仕事オンリーと言えるくらい打ち込んでいるのは人生初だと思う。得意なことをより得意にしたいな。体についた余分な脂肪が取れてきてるのも嬉しい。明日からも全力で走りまっせ。

74

下から真ん中に行くことでさえ怖いのに

下からその上の上にある上に一気に行ってしまったら

どうすればいいのだろう

 

知っていることから離れるのは寂しいし

知っている顔や場所から離れるのはすごく怖い

今の私は必死に脱皮しようとしている

これまでの思い出の中に生きようとするわたしと

この先にある見たことのない世界に進もうとするわたし

その狭間でぷかぷかと浮いている

 

思い出が新たな景色に塗りつぶされていく

その過程をひたすら見るだけのわたし

不確かな世界だからこそ、この瞬間を大切にしたい

73

変わる前は、変わりたくないと思い、とどまる。

だけど変わった後は、嘘みたいに、適応している自分がいる。

変わるのは怖い。

だけど変わった後は、そこまで怖がらなくてもよかったことに気づく。

思い込みの力は実に強力で、無意識に自分を鎖で縛ってしまう。

知っていると思っていることでさえ、知らないことだらけで、

知っていると思っているのは、自分の頭だけだったりする。

 

新しい場所へ行く時は、それまでの自分や知識を疑ってみることが大切。

場所や人の数だけ考えがあり、それらはとても流動的だ。

携帯のアップデートのように、自分自身に対してもアップデートをしよう。

もしもそれまで取り込んだ情報があるせいで、新しい情報を受け取ることができないとしたらどうだろう?

何を信じて、何を手放し、何を取り入れるか。

外からこれがいいよ、これがだめだよ、という声が聞こえてくるけれど、最終的に選ぶのは自分。自分の軸を確認する時間を必ず作ろう。